スポーツ仲裁法研究会

2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度

開催記録 2006年度

第12回 2007年3月10日(土)13:00~
2007年3月10日(土) 13:00から
同志社大学寒梅館6階6A会議室において
研究会プログラム
スポーツ仲裁利用拡大へむけて-利用可能事例の検討-

  講師: 桂 充弘 氏
(弁護士(北尻総合法律事務所))
第3回スポーツ仲裁シンポジウムについて
  講師:早川 吉尚 氏
(立教大学教授)
JSAA-AP-2006-001号事案セーリング仲裁について

  講師: 加藤 君人 氏
(弁護士(桜坂法律事務所))
第11回 2006年10月14日(土)14:00~
2006年10月14日(土) 14:00から
ハロー会議室渋谷701オフィスにおいて
研究会プログラム 資料
スポーツ仲裁裁判所のケース紹介<カナル V ATPツアー(テニス)>
大会関係者が提供した治療薬に禁止薬物が含まれていたケースについて

  講師: 神谷 宗之介 氏
(弁護士(大原法律事務所))
国際水泳連盟ドーピングパネルの手続と判断
  講師:上柳 敏郎 氏
(弁護士(東京駿河台法律事務所)、客員教授(早稲田大学大学院法務研究科))
スポーツ調停その他今後のJSAAの活動について

  講師: 道垣内 正人 氏
(当機構機構長)
第10回 2006年7月15日(土)15:00~
2006年7月15日(土) 15:00から
岸記念体育会館4階401号会議室において
研究会プログラム
資料
スポーツ仲裁アンケート

  講師: 小川 和茂 氏
(立教大学法学部助手・前上智大学法科大学院助手)
特定調停合意に基づくスポーツ調停(和解あっせん)規則について
  講師:道垣内 正人 氏
(当機構機構長)
スポーツ・ビジネスと法

水戸氏
資料

  講師: 原田 宗彦 氏
(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)
講師: 水戸 重之 氏
(弁護士(TMI総合法律事務所)、当機構仲裁人候補者)
2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度

©2003-2017 Japan Sports Arbitration Agency  107-0061 東京都港区北青山2-8-35