スポーツに関するトラブルを公正中立に解決(法務大臣認証紛争解決機関) 公益財団法人 日本スポーツ仲裁機構    





アスリートのためのスポーツ仲裁・調停ガイド!!

「スポーツ調停」とは… 特定調停合意に基づくスポーツ調停(和解あっせん)規則

スポーツに関連するおよそあらゆる紛争を対象に、廉価で迅速な紛争解決手段として「特定調停合意に基づくスポーツ調停(和解あっせん)規則」があり、公正中立な専門家により助言等が行われ、当事者が円満な和解に迅速に到るようにあっせんします。裁判等と比べ、手続等も簡易で利用しやすい制度であり、また、最終的に和解を目指して話し合いを進めるため、円満な解決が期待できます。なお、スポーツ調停手続は(その結果も含めて)すべて非公開です。  なお、スポーツ調停は当事者が和解を求めて話し合いをする手続であるため、調停を利用した和解の実現が可能であると思われる紛争を主な対象としています。そのため、①競技中になされた審判の判定や、②競技団体が下した懲罰処分については、その事実を確認する場合を除いて、スポーツ調停手続の適用の範囲外となります。

もっと気軽に利用しよう! まずはJSAAに相談してみよう

©2003-2016 Japan Sports Arbitration Agency  150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場内