スポーツに関するトラブルを公正中立に解決(法務大臣認証紛争解決機関) 公益財団法人 日本スポーツ仲裁機構    




アスリートのためのスポーツ仲裁・調停ガイド!!

事例 チームとトラブルに…どうすればいいの?

解説

競技者XはチームAに所属するベテラン選手で、長年チームに貢献してきたが、新任の監督とプレースタイルをめぐって対立し、監督の解任を要求した。しかし、この要求はチームによって拒絶され、反対にXは冷遇されるようになったため、XはチームAを退団し、その後自ら探し出したチームに移籍しようとした。ところが、チームAは、新たなチームへの移籍・選手登録に必要な退団証明書の発行を拒否したことから、XはJSAAのスポーツ調停を利用することにした。
調停では、申立人(X)が一定期間、特定の大会に参加しないことを条件に、被申立人(チームA)が退団証明書を発行し、移籍を承認するとの和解契約が成立した。


©2003-2016 Japan Sports Arbitration Agency  150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場内