新規仲裁申立てについて

2014年4月4日(金)

下記3件の「スポーツ仲裁規則」に基づく仲裁申立てがありましたので、これを公表します。

 

 

事案番号:JSAA-AP-2014-001号仲裁事案
申立日:2014年4月1日
被申立人:日本障害者バドミントン協会

 

事案番号:JSAA-AP-2014-002号仲裁事案
申立日:2014年4月1日
被申立人:全日本軟式野球連盟 兵庫県支部 伊丹野球協会

 

事案番号:JSAA-AP-2014-003号仲裁事案
申立日:2014年4月2日
被申立人:公益社団法人 全日本テコンドー協会

 

※ これまで仲裁申立ての段階ではその事実を公表しておりませんでしたが、2014年4月1日より一部改正されたスポーツ仲裁規則が施行され、今後は、新設された第37条1項の3の規定に基づき、仲裁申立てがあった時点で事案番号、申立日およびその申立てに係る競技団体を公表いたします。また、同じく新設された第37条2項の2の規定により、競技団体が応諾を拒否することにより仲裁を開始することができなかった場合等にも、その事実を公表することになっております。
 なお、申立人名、事案の詳細等につきましては公表はしないことになっておりますことを申し添えます。

 

以上



©2003-2016 Japan Sports Arbitration Agency  150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場内