過去のお知らせ

第3回スポーツ仲裁シンポジウム

終了しました。


▼第3回スポーツ仲裁シンポジウム報告書(RIBLS No.12:立教大学ビジネスロー研究所)


日時
2006年11月25日(土)PM13:30~16:30

会場
大阪市中央体育館 大会議室
(地下鉄中央線「朝潮橋駅」下車2番出口より西へ徒歩3分)

テーマ
『日本のスポーツ界に今何が求められているか』

出演者

具志堅 幸司((財)日本体操協会北京オリンピック男子強化本部長、ロサンゼルスオリンピック金メダリスト)

西田 善夫 (スポーツ・アナリスト)

沼澤 秀雄 (立教大学教授)

萩原 智子 (山梨学院研究員、シドニーオリンピック日本代表)

林  弓枝 (ソルトレークシティー・トリノオリンピック日本代表)

(司会)早川 吉尚 (立教大学教授) 


募集人数
200名(応募多数の場合は抽選)

参加費
無料

申込方法
往復はがきに、住所・氏名・年齢・電話番号を明記し、また返信用はがきの宛名もご記入の上、下記申込先までお申し込みください。

申込先
〒559-0034
大阪市住之江区南港北1-14-16WTCビル28階
大阪市ゆとりとみどり振興局スポーツ部 仲裁機構シンポジウム係

締め切り日
11月15日(水)消印有効



主催
大阪市、日本スポーツ仲裁機構

後援
(財)日本オリンピック委員会、(財)日本体育協会、(財)日本障害者スポーツ協会、大阪市体育協会、(財)大阪体育協会

協賛
(株)アシックス、(株)デサント、ミズノ(株)、(財)ミズノスポーツ振興会

協力
立教大学ウエルネス研究所、立教大学ビジネスロー研究所、近畿コカ・コーラボトリング(株)

以上



©2003-2016 Japan Sports Arbitration Agency  150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場内