今年度の研究事業について

2017年5月12日(金) 「ドーピング仲裁判断研究会」による研究報告書『2015年版Code下における「意図的」概念と体内侵入経路の関係』が公開されました。



©2003-2016 Japan Sports Arbitration Agency  150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場内