仲裁専門事務員制度の運用開始及び説明会の開催について

2017年4月14日(金)

新年度より仲裁専門事務員の制度を開始する関係で説明会を開催いたします。

 

1 仲裁専門事務員とは

仲裁専門事務員とは、仲裁人としての実務感覚を養う機会を与えること等を目的とし、実際の仲裁案件の中で、スポーツ仲裁パネルからの委任があった際にリストから選任され、その委任の範囲内でスポーツ仲裁パネルの手続進行の補助を行い、仲裁手続きの進行を円滑にする職務を行う者です。

なお、上記の目的にも鑑み、仲裁専門事務員の報酬は仲裁人の半額(原則1事案27,000円(消費税込))となります。

 

2 仲裁専門事務員の行う具体的業務

仲裁専門事務員は、スポーツ仲裁パネルが手続進行のために必要と考える業務を実施します。

例えば、スポーツ仲裁パネルの評議への同席・議事録作成、審問期日への同席・審問期日調書作成、スポーツ仲裁パネルの指示に基づく関係法令、内部規則及び類似仲裁判断例の調査・研究、スポーツ仲裁パネルの指示に基づくパネル決定案の作成などですが、これに限られません。

 

3 募集要項

仲裁専門事務員の候補者への応募要件は以下の通りです。

○現にスポーツ仲裁人候補者リストとして掲載されている者

又は

○当機構において将来的にスポーツ仲裁人候補者としてリストに掲載されることが期待される者(但し、弁護士登録後3年以上の経験に相当する経験を有する者)

 

そして、仲裁専門事務員候補者にご登録頂く場合、次のことについてお願いすることになりますので、予めご承知おき下さい。

•当機構からの仲裁専門事務員就任の依頼があった場合には、原則として、お引き受け頂けること。(極めて短期間のうちにご対応頂く必要があることもございます。)

•スポーツ界の実情、スポーツ法等についての知見を高めるため、「スポーツ仲裁法研究会」(年3回ほど開催)に可能な限りご出席頂くこと。(仲裁専門事務員の選任に関して考慮事項となります)

応募開始は、下記説明会の開催後を予定しております。

 

4 説明会開催について

当機構では、新制度となる仲裁専門事務員の制度概要に関して、下記の通り説明会を実施いたします。

応募を希望する方、興味のある方はぜひご参加ください。

 

「仲裁専門事務員についての説明会」

日時:2017年4月28日(金) 18時00分~19時30分

場所:金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス11階1111号室

交通アクセス

講師:当機構仲裁調停専門員 石原遥平

参加申込は  応募フォーム からお願いします。

 

以上



©2003-2016 Japan Sports Arbitration Agency  150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場内