スポーツ仲裁人・調停人等候補者の公募のお知らせ

2008年5月30日


 下記の要領で、スポーツ仲裁人・調停人候補者を公募いたします。

2008年5月12日の理事会において改訂されました「仲裁人及び調停人候補者の選定並びに助言者の委嘱に関する指針」によりますと、資格要件は下記の通りです。

  1. 弁護士、大学における法学系科目の講義担当者などの法律専門職にあること、又はこれに相当する法的素養があること。
  2. スポーツについて理解があること。
  3. 独立して、公平・適正な判断を下せること。
  4. 原則として、既存のスポーツ仲裁人候補者又はスポーツ調停人候補者からの推薦があること。

ただし、お知り合いの方の中に既存のリスト掲載者がいらっしゃらない場合には、 (d)の要件を欠くときでもご応募いただいて結構です。

そして、仲裁人・調停人候補者にご就任頂く、次のことについてお願いすることになりますので、予めご承知おき下さい。

  1. スポーツ界の実情、スポーツ法等についての知見を高めるため、「スポーツ仲裁法研究会」(年3回ほど開催)に可能な限りご出席頂くこと。
  2. 当事者又は機構からの仲裁人・調停人・助言者の指名があった場合には、原則として、お引き受け頂けること。
  3. 弁護士資格を有する調停人候補者の方には、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律第6条第5号に従い、「特定調停合意に基づくスポーツ調停(和解あっせん)規則」第17条第2項に定める助言者の委嘱をさせていただくこと。

なお、最終選考は、当機構内に設置する委員会による審査の上、決定させて頂きます。ご応募の期限等は下記の通りです。

  • 期限:2008年6月30日必着
  • 応募方法:E-mail又は郵送

    応募先E-mailアドレス:info@jsaa.jp

    応募先住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1
    国立代々木競技場内 日本スポーツ仲裁機構 事務局

  • 応募用紙(PDF)(Word)

*なお、ご提供いただきました個人情報等につきましては、当機構の個人情報保護規則に従い、当機構の責任で行うものであり、上記のリスト更新、仲裁・調停手続の実施その他当機構の業務に必要な限度でのみ利用させていただきますので、この点をご了解の上、上記の情報をご提供下さい。

 

以上



©2003-2017 Japan Sports Arbitration Agency  107-0061 東京都港区北青山2-8-35